9月半ば。

子どもたちが変です。

 

「リトミック行きたくない。」と言う子が増えます。

ひとりひとりの理由はそれぞれです。

そう言う子がいるのは自然なことですが、問題は、他の時期に比べて、数が増えるということです。

 

わたしは、いつも、「子どもの言葉をそのままに受け取らない」ということを思っています。

子どもは、自分の知っている範囲でしか言葉が使えません。

それに、たとえば、「何となく幼稚園の集団生活に違和感を感じており、加えて、気圧の変化から軽い頭痛があるために、気持ちがネガティブになっている。ただ、外では我慢しているので、そのうっぷんをどうしても妹にぶつけてしまい、ケンカが増えている。季節の変化や体調の変化に伴って、良くなっていくと思う。」と説明できる幼児がいたら、お会いしてみたいものです。

 

子どもは、どうにも説明のつかない自分の状態を、一番かんたんに伝えられる言葉を使って「助けて!」と言います。

もしかすると、それが「リトミック行きたくない。」かもしれない。

言葉の奥にある、本当に伝えたいことに心を傾けることが大切だと思います。

 

なんとなくモヤモヤして、気候や体調、環境の変化を待つしかない場合、ストレスになっていることを解決するよりも、親がただ「分かってあげて受け止める」だけで良い場合もとても多いです。

いずれ自立することを考えると、「親がストレスをどけてあげる」のではなく、「処理の仕方を教える」方が役立ちます。

 

それから、ハイテンションでおしゃべりする子が増えます。

それだけ見ると、「慣れたのかな?」「嬉しいな。」っていうことなんですが、これも、数が多いということと、「普段はそんなに自分のことを話さない子が急に話し出す」ことが、「あれ?」と思います。

 

体の接触が増える子もいます。

自然におひざにもぐりこんできたり、手をつないできたり、抱きついてきたり。

これも、数が増えます。

 

いろんなことがあるのだろうなと思います。

もうすっかり成長した、自分の息子たちも「おかしいな。」と感じる、いつもと違う行動を取っています。

 

こういうとき、生徒には「先生は変化も受け止めるよ。変化することは自然で、それであなたを好きという気持ちが変わることはないから安心して、変化に身を委ねてて。」というメッセージを送るようにしています。

わが子には、「自分の限界を知り、限界を超えたらおかーちゃんは味方だから、安心してストレスにぶつかりなさい。」というメッセージを送ります。

共通して、ベースには「あなた自身が何とか乗り越えるだろうと信じているよ。わたしは変わらないから大丈夫。」と思っています。

 

具体的には、相手が「こうして欲しい」と思っていることをやってあげたり、言ってあげたりします。

小さなことです。

抱っこしてあげるとか、頬に触れるとか、ただ一緒に過ごしてあげるとか、長くおしゃべりしても不自然でない状況を作ってあげるとか。

本人すら気づいていないかもしれない「こうして欲しい」をどうやってキャッチするかは、日々の観察でしかないように思います。

 

息子の場合は、「口で言っている理由」については「そうか、そうか。」と聞くだけで、全然取り合いません。

外部へは何も行動を起こさず、全部、家の中で収めてやります。

すると、体調や心の準備が整ったら自分で乗り越えるからです。

行動を起こしちゃうと、もう、そっちの流れに乗ってつじつまを合わせないといけなくなります。

大人だって、弱ってるから、ついつい弱音を吐いてしまって、本当はそこまでするつもりじゃなかった・・・、ということがあります。

 

9月。

子どもが変です。

 

「なんとか変じゃなくする」のではなく、「変になることもあるのは自然なことと受け止める」ことで、子どもは安心して大人になっていけるように思います。

わたしの教室では、障がいを持った子、難しい病気の子などに対して、大募集もしないし拒否もしない、という姿勢でずっといます。

 

何の専門家でもないので、療育とか治るといったことはできないし、接し方で間違うこともあるかもしれません。

 

リトミック、ピアノ、歌、英語を習いに来た子に、たまたま障がいがあっても、本当に子どもそれぞれなので、「本人がやりたいと言う以上は、できる範囲で教えます。もし、対応に困ったら言います。」と、一旦はお引き受けします。

 

今まで、結局、レッスンで困った子はひとりもいません。専門的な対応が必要な重度の子は、そもそも、うちには来ないからだと思います。

 

そして、表立って募集してないのに、他で断られたり、その子自身の良いところを見てもらえなかったりして、どういうわけか年々、集まって来ている気もします。

 

何が言いたいかと言うと、「障がい者用施設」じゃなくても、ほんの少し、受け入れるということができれば、分離される必要のない子はたくさんいるんじゃないかなぁ、ということです。

 

障がいや病気の子にほんの少しだけ「受け入れよう」という姿勢を数値化して10だとすると、健常児の中にも、10くらいの振り幅は平気で存在して「いろんな子がいる」という範囲に収まる気がします。むしろ、15とか20の振り幅の子もいますよね!

 

このまま、「他の音楽教室で断られたから」という理由で、口コミで集まって来ちゃうと、もちろん、お断りはしませんが、まるで「障がい児用のレッスン」みたいになっちゃいます。
障がい児って、マイノリティ(数が少ない)子なので、基本的にはマジョリティ対象のレッスンをしていて、中に1人か2人ならほんの少しの対応で済むのです。
だけど、障がい児が5人で健常児が5人となると、話は違います。

 

自然界の、ごく当たり前の割合で受け入れてあげる教室が増えてくれたらなぁ、と思っています。
音楽教室に限らず、どこでも。

いじめられた子が、ごく当たり前の前向きな人生を歩むとき、本当に「いじめられた」という過去が邪魔をする。

 

わたしは、子どもを育てる親たち、特にお母さんたちが、「お母さんであること」を立派にこなそうとするのを一斉にやめれば、少なくとも、幼稚園や小学校でのいじめは激減すると思う。

 

「幼稚園児のお母さん」や「小学生のお母さん」を初めてやるとき、誰だってちゃんとできなくて当たり前。

だから教わって、練習して、できるようにしていく。

たまたま同じ年に子どもを生んだからといって、みんなが同じように「お母さんできる」とは限らない。

 

子どもの集金を用意して持たせるのが苦手な人もいる。

PTA活動で人前で話すことが苦手な人もいる。

参観会で大勢の人と雑談するのが苦手な人もいる。

先生に、子どもの様子を的確に伝えるのが苦手な人もいる。

 

そしたら、誰か、得意な人が助けてあげれば済むことなのに。

子どものころは、そうやって、助け合って過ごして来たはずなのに。

 

虚勢を張って生きていると、弱い人を見かけたとき、「わたしばっかりこんなにがんばってるのに、あの人はズルい。」と腹が立ってしまう。

だから、弱者に優しくなって助けてあげることができない。

そして、そういうことを平気で子どもの前で話してしまう。

もしかしたら、正義感の元に。

 

ハンデがあったって、もともと持っている優しさや笑顔で絶対に克服して前を向いて自立できるであろう高校生のお母さんと話した。

わたしは、「親も辛いけれども、子どもを信じて、転びながらも自力で前に進ませるしかないし、あの子なら、絶対に大丈夫ですよ。」とお話した。

ただひとつ、かなり長いこと、いじめにあっていた、ということだけは、今後もきっと、何かと邪魔してくるだろうと思った。

 

その子の過去に行って、いじめた子の肩をトントンと叩き、「あなたはあなたで弱くていいの。その気持ちはお母さんに話して分かってもらい、あなたのペースで生きていってください。この子のことは、どうかほっといてください。10年後、あなたはこのことをすっかり忘れて、優しい素敵な女の子になっているかもしれないけど、この子は、ずっとこのいじめに傷つき続けている。」と言いたい。

 

いじめた子のお母さんに、「あなたはあなたで、できないことはできないままで、工夫して過ごせばいい。そして、あなたの子にもできないこともあることを認めてあげてください。」と言いたい。

 

2007/01/24のできごと。

--
昨日のこと。
仕事を手伝ってくれている両親を、月に一度ランチに誘うことにしていて、「今月は寿司を食べに行こう。」ということになり、時間などを決めた。
そのとき、聞き耳を立てていたオトコ、その名は正ちゃん・・・。

そして今朝。
「なんだか力が入らない・・・。」とストーブの前で丸くなってる。
やさしく声をかけたら、乗り気になり、体温計を自分で持ってきて、測ってみたら36度。
「36度って、熱?」
「ううん、バリバリ平熱。」
「でもおなか痛いし・・・。」
「車で送って行こうか?迎えも行ってあげようか?」
「ううん、行くなら歩いていくけど・・・、行けるかどうか分からない。」
「じゃあ朝ごはんを食べて決めよう。」


で、結局、大好きな野菜サンドも半分残して、「やっぱり無理そう。」とのこと。
それで、登校班の上級生たちに休むと伝えに行き、戻ってきてみたら、すっごく元気に、残った野菜サンドをパクつく正ちゃんの姿が・・・。

爺ちゃんや先生には腹痛だと言うことに口裏を合わせ、「休んだからにはちゃんと過ごさなくちゃいけないよ。」と釘を刺した。
その後、家中の片付けを手伝わされ、掃除機をかけさせられ、その後、お母さんの仕事の間は勉強をさせられ・・・、かなり懲りた様子。

「寿司・・・、お母さんは食べに行くの?じゃあ、正ちゃんはおばあちゃんと一緒に家で作って食べないとだめだよね〜、休んだんだもんね〜、一緒に寿司を作って食べようかなぁ・・・。」

そして、昼。
爺ちゃんと婆ちゃんがやってきた。
あらかじめ電話で伝えてあったので、ニヤニヤしながら「正ちゃん、調子はどう?」とか聞いてる。
「う〜ん、さっきは痛かったけど・・、だいぶ良くなったみたい・・・。寿司、食べれるかも・・・。」

結局、一緒に行くことになり、車の中で大はしゃぎ。
爺ちゃんが「お前、寿司を食べに行くと聞きつけて休んだのか?だとしたら、なかなかやるなぁ〜。」とか言われ、
「ううん、おなか痛かったよね?!お母さん?!」
「う〜ん、まぁね。」

寿司屋にて。
予想通り、食べる!食べる!!
帰り、オモチャまでもらい、駐車場で待つ爺ちゃんに向かって大声で叫びながら走っていった・・・、


「ずる休みした甲斐があったよ〜〜〜〜!!!!」


・・・やはり。
「明日は元気に行こう〜っと!!」だ、そうだ。



この話には複線がある。

実は、12月ごろから電気を消して「おやすみ〜。」と言った後、泣きながら「怖いことばかり考えちゃって、眠れない〜。」と出てくることが多くなった。
お母さんと一緒に眠りたくて甘えてるんだろう、という気持ちと、そろそろ子供だけで寝せるようにしないといつまでもお母さんと一緒じゃあな、という気持ちと、進ちゃんだっているしという気持ちで、「いいから寝なさい。」と追い返していた。

つい先日、ふとしたきっかけで、こういう話を聞いた。
ある女の子が3歳のころ、おばあちゃんを交通事故で亡くしたが、意味が分かっておらず、お葬式でも変な顔をしてみんなを笑わせたりしていた。
それが、1年生のある日、地震を体験したことをきっかけに、夕方(事故の起こった時間)になるとシクシクと泣き、「怖い、お母さんを守ってくれる人がいてほしい。」と言い出したそうだ。
ついにご飯が食べられなくなり、病院に行くと、お婆ちゃんを突然失った悲しみと不安を表現するすべを知らず今まで来てしまい、今やっと、悲しみ「直している」ところだ、と。
それから1年くらいかかって不安はなくなっていった、とのこと。

はっ!!

気温、時間帯・・・、きぃちゃんが亡くなった当時にそっくり・・・。
しまった〜・・・、そういうことだったか!

それで、一緒に寝てあげることにすると、本当に布団の中で震えながら泣いて、「心臓がドキドキする・・・。」とハァハァ言っていた。
「怖いことってどんなこと?」と聞くと、「なんで生きてるんだろうとか、殺されないかとか、世界中の泥棒がみんないなくなってほしいとか。」と言う。
「抱っこして寝てあげるから大丈夫だよ。」と言うと、「進ちゃんもちゃんと抱っこしてて。」と言う。
あぁ・・・、間違いないな、と思った。
悪いことしたけど、気がついてあげられてよかったと思った。

3日くらいで「怖い、怖い。」と言うことはなくなったが、今度は、学校で嫌なことばかり起こる、と言う。
先生に怒られたり、友達とケンカしたり、その言い方がものすごく被害者意識が強い感じ。
不安が解消されつつあり、他の現実的なことへストレスが移ったのかなと思い、ふん、ふんと聞いてあげていた。



・・・そんな中の「休みたい。」だったので、気前よく休ませてあげることにしたのだった。



友達とのトラブルを、家族みんなに言いつけていたけれど、その言い方が、


休む前日→「正ちゃんは何も悪くないのに・・・」

休む朝→「正ちゃんも悪いかもしれないけど・・・」

休んだ日→「たぶん、正ちゃんが悪いんだけど・・・」

になっていた。
ちょっと一安心。



このこと、先生(担任の先生だと扱いを難しくさせてしまうから教頭先生とか)に話そうかと思ったけど、この言い方の変化を聞いてやめにした。

正ちゃんの身に起こったこと、きぃちゃんのことは本当にかわいそうで、これを抱えて生きていくのは大変なことだけれど、それが正ちゃんの運命だ。
それを抱えながらも友達付き合いに悩みながら、傷つきながら、怒りながら、付き合い方を学んで生きていくしかない。
誰に言っても仕方ないし、私以上に分かってあげられる人はいない。

今回のことは、とりあえず1日休んだだけですっきりとした。
これからも、起きたときに対処するしかない。
そうやってひとつひとつ乗り越えるしかない。


--

起きたことに対して、どうしたらいいか、自分なりに観察して、決断して、自分を応援している感じがします。
10年後のわたしも応援するよ。
「それでいいと思うよ!」

2005年7月のこと。
進ちゃんが保育園を勝手にさぼりました。


--

朝、進ちゃんが勝手に私服に着替え、「今日は保育園に行かない。」と言い出した。
ギリギリまで「行った方がいいんじゃない?」と言ったけど、おさぼりを決行していた。
当然、正ちゃんだって休みたいから、文句を言いながらがんばって登園した。

で、そんなこんなを保育園の先生にそのまま報告して、「今日は行かないんだって。別に何もないんだけどね。」と言うと、ゲラゲラ笑って、「じゃあ、気が向いたらまたおいでね、って言っといてください。」と言われた。
先生たちのこの余裕が好き。

がんばった子は、「えらいね、がんばって行けたら、正ちゃんの好きなおかずにしなくちゃね。」とか、優遇してもらえ、さぼった子は、「アンタ、休んでるんだから洗濯もの干すの手伝って。」とか、「休んでるんだからグズグズ言わないの。」とか、冷遇。
しかも、休んだってお母さんはレッスンがあるから、全然相手にしてもらえない。
お昼にこっそりソフトクリームを食べたくらいか、よかったことといえば。

プレ・リトミッククラスのUちゃんが、「今日は進ちゃん(顔なじみ)がいる」ってことで、気になってレッスン後に遊びに加わっていたが、そのことを、正ちゃんが帰ってきてから「今日、Uちゃんが遊びに来たよね〜。」なんて言っていた。

午前中のうちには、「正ちゃんお迎えに行こうよ〜。」なんて言って、かなり飽きた様子だった。
「明日は行くの?」と聞くと、「明日は行くよー。」(余裕)。

--

どうってことない1日という感じです。
「なぜ、休むと言ったのか」ということを、まったく気にしていない様子です。
たぶん、本当にそうだったのでしょう。
このときの自分の心理状態は、今はまったく分かりません。
ただ、観察していたのかもしれません。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM